【何かが始まる?】アメリカが「最後の審判」を離陸させた「一体どんな意味があるのか…」

bandicam 2017-10-11 20-38-54-302

1: 2018/04/13(金) 02:42:11.32 ID:t+XAJrpg0

米国はE-4B ナイトウォッチを発進させた。E-4B は米国の国家作戦空中センターとして運用される航空機で「最後の審判」の通称で知られている。

民間航空機の移送をウォッチングするCivMilAirの発表したモニタリングリソースからこの事実が明るみになった。

地図上ではE-4Bはインディアナ州の上空を飛行している。

​E-4Bに「最後の審判」という通称がつけられた理由は、これが核戦争などで破壊され、機能しなくなった地上の司令塔に代わる存在となりうるため。

E-4Bは空中補給が行われれば1週間の間、飛行し続けることができる。

E-4Bに搭載された機器は核爆発にも耐えうる構造となっている。

E-4Bが発進された理由については明らかにされていない。

https://jp.sputniknews.com/us/201804124770929/
no title


続きを読む

Source: 座ミステリー体験

関連記事

  1. 【あるあるw】人の体は欠陥品やなと思う瞬間

  2. 【ガセネタ決定】異世界に行く「飽きた」やったけど何も起きん

  3. 【さぁ!一緒に考えよう】全国高校生クイズ「500個の風船を2分以内に全て割る方法を答えなさい」

  4. 郵便局「警察ですか!この郵便物…爆弾かもしれません!タスケテ!!」→県警機動隊爆発物処理班ら警察官約30人が出動

  5. 【クッソワロタw】平成の次の元号はコレらしいぞ!「元気モリモリご飯パワー」

  6. タマゴかけごはんの作り方「先に醤油をごはんにかけてタマゴをかける」