『1900年頃』ロシアの、とあるレコードにまつわる不気味な話

ロシア

15/05/08

1900年頃、ロシアのペテルベルクに、ある雑貨商がいた。


彼は当時まだ珍しかった蓄音機とレコードを商っていたが、その頃のレコードはダンス音楽やブラスバンドや俗謡しかなく売り上げも伸びなかった。


そこで彼は英国グラモフォン社に、ある企画を提案した。


それは、ロシア帝立オペラの歌手にレコードを吹き込ませて商品にしようというものだった。


彼の懸命の説得もあって帝立オペラの歌手たちは録音契約に応じ、レコードは大ヒットとなった。

続きを読む

Source: パラノーマル

関連記事

  1. 家の中でたびたび妙なものを見る怖い、助けて!

  2. 夜のダムで今にも自サツしようとしてる人を発見→怖すぎる帰ろう!→ここから大変なことが起こり出す!!!

  3. 病院で超変なことがあった。ちょっとこれ見てくれ・・・

  4. 【狂気】都内の公園で実際にあったこの事件、怖すぎる…

  5. なんか、湖でとんでもない奴が泳いでるんだがヤバくね?→そしてこうなる

  6. 【不思議実話】夏休み前、S君「また転校するんやけど…釣り行けなくてごめんな」S君に会うのはそれが最後になってしまった→20年後驚くことが…