結び結ばれむすびなおし

こんばんは明るい心霊相談SE-YAです。

京都に京友禅の染もの体験ができる工房があるのです。

京友禅て人さんのお名前やとは知らなかった(^^

いろいろな体験や経験はひとつづつかしこなのますね♡

 

こちらは私がこしらえたもの。

色つけ(染め)と図案のレイアウトは自分の好みとセンスで

自由に組み合わせることができます。

四月は桜シーズンなので五月あたり、大人の遠足でみなさんご一緒に

行きませんか(^^♪またご案内をブログで出しますね。

 

このかばんを持って習いごとに行くと、声かけてくれはるんです。

褒めていただけると気恥ずかしくも嬉しいもんです。

その日初めてお顔をあわせた方に声をかけていただいたり、

こちらから話かけたり。

袖触れ合うも多生の縁。いいますけれど、ほんまなのですね。

 

いつぞやの時代でご近所さんやったかもしれへんし、

仲の良い友人や知己やったかもしれない。

お互い今世でふと顔をあわせて、元気にやっていますよ。やとか、

いつぞやはお世話になりましたな。とか、頭ではわからへん。

心(魂)と心(魂)がふれあっているのです。

良い縁ばかりとは限りません。

ぶるぶると震えたくなることが古の時代の縁のなかで互いにあったことも

あるでしょうし、今世の様々な経験によってゆり起こされた心の痛みが反応して

つい冷たい態度をとったり、至らない対応に出たりもあります。

私も大いにあります(反省💦)

 

私は、出先でよう見知らぬ他人(ひと)さんから声をかけられます。

そういったことが続くと、自分の魂の旅と修養にふと意識を向けたくなるのです。

旅はどれほど続いたのか、いつまで続くのか、少しは成長できたのか

かわらぬままの部分はなにか。そういったちいさな意識もあれば、

ただ「ありがとうございます」がわいてきて、すーっと流れていくこともあります。

 

通りすがりのご縁よりも深い友人や知人。お世話になっている人たちとの間には

膨大な計り知れない学びがあります。

魂の歴史ですから全部知る必要もないのですけれど、

様々な意味があって今一緒にいられるのやなと思うと、

自分のちいささに胡坐ばかりはかけないものです。

 

腹の立つ相手でも気のあう相手でも互いに平らになっていくための

恩恵。

 

よゐ気分のときには、すーっと入ってくる言葉も

不愉快な気分のときは反発しかありません。

 

私たちはとても未熟なのですが、おぎないあうという愛にふれることができます。

 

えて勝手ないきものですもんにんげん。

それでも気づいたら結び直す。

 

人と人とのご縁は結び。結ばれ。むすびなおしできるもの。

 

ここにいらしてくださってありがとう

今日もこころあたたかな一日をお過ごしください(^^

 

メモ明るい心霊相談のお申込み・ご予約はこちら☆

うずまきメニュー・料金のご案内はこちら♡

 

Source: ヒーリング

関連記事

  1. 過去と今に繋がりはなし

  2. 生きることから目をそらすとお金に困ります

  3. 金縛りはなぜ動けないのか・その1

  4. 繋がりは静寂のなかに

  5. 神様の眼

  6. ”私は子どもを虐待する親です。一人だと絶対ダメだった。”