3はパワフル/奪う意識と奪われる意識。あなたの本心はどこにある?

こんばんは明るい心霊相談・人間バーコードSE-YAです。

3月のランチ会まだお席あります♡

いつも募集と同時にうまってしまうなかなか人気メニューのランチ会なんですが

2月3月わりとパワフルでディープが続きそうなので

変な愛の塊の人たちが集まってくださいます。

愛がてんこ盛りってことは、エゴてんこ盛ですよ、奥さん(誰ww笑)

 

3月のテーマは「劣等感」。

裏テーマは奪う意識と奪われる意識。です。

なぜこれをテーマにもってきたかというと、旬だからです。

奪う・奪われるは言い換えれば加害者の意識と被害者の意識になるのやけれど、

これを「無害者の意識」に昇華させていくのが方向性となります。

今は灰汁が浮き出している状態なんですね。

灰汁の下にはうま味がたっぷり♡待っているわけですよ奥さん(だから誰w)。

 

私のことをシェアさせてくださいね。

近々、灰汁のように浮いてあがってきた「奪われた」っていう意識があって、

それは言い換えれば「奪ったことがある」という罪の意識やうしろめたさを同時に併せ持っているってこと。

内観していくときに書き出すという行為はとてもパワフル。

なぜいつからどんな風にその意識をもつようになったのか、よくみえてくるからです。

ほんでね、私たちの思考(マインド)は嘘をつくのです。

書き出した文言を書き終えてから眺めてみると

必ずその感覚がわかるようになります。

あ、なんか違う。。

これ嘘っぽい。とかね。本心じゃないものがわかるのです。ひっくめるめてエゴともいう。

 

あと質問の仕方によっても引き出される答えって違ってきます。

自分の中から引き出されてきた「答え」も質問の投げかけ方によって変化します。

同じ質問を角度を変えて投げて出して出てきた答えのなかからフィットするのが

自分の欲しい答え。

 

例えば

お金を儲けたいのですが、私はお金儲けできますか?

お金を儲けたいのですが私にできますか?

お金を儲けたいのですが私がすることはなんですか?

 

同じことを聞いているけど、私的には1と2はダミーなのね。

3は反応が出る( ´∀` )

ということは、お金を儲けるためにはなにかをしないといけない→なんかいろいろ頑張る→

頑張って得たノウハウや成果をあっさり他者に真似られたりしたら複雑な心地になる

(奪われた意識)→でも自分もどこかで逆をやっている(モデリング)ここに罪悪感が

くっつく→奪っている意識。

ケチやんケチ!(笑)know-howを販売して儲けることもできるわけなので

余計なものくっつけすぎなんですね。

無くなるとか犠牲的とかどこかでボタンを1つかけちがえていたりするだけやったりします。

このかけちがいを1人でほどこうとするとややこしいことになるの。

なので1人でしないこと。1人にならないこと。

自分以外の体験や経験を求めること。あるいはあなたの経験や体験を求めている方達は

たくさんいます。

 

3月公開霊視つきランチ会は、あなたを守護しているガイドからの

今あなたに必要なメッセージをお伝えさせていただく時間。

そして心理的なアプローチもかねていますのでとてもお得なのです。

気になる方はどうぞいらしてくださいね♡

 

ナイフとフォークとき・ところ

 

3月4日・日曜日

 

時計午前11時スタート

現地集合で自由解散。

途中ぬけもOKです♡

 

マップ場所

京都市・山科

最寄り駅

地下鉄・東野駅。

クリップ詳細はご予約確定後にお知らせ☆

 

がま口財布参加費

3500円。

お土産にSE-YA手作りのぷりてぃ姫ソープつき♡

ここでしか手に入らない可愛いピンクのプチハートのエネルギーソープです♪

メモお申込み・ご予約は下記の専用フォームから

必要事項を記入して送信ください。

お申込みフォーム☆

公開霊視とは?

あなたを守護するガイドから今必要なメッセージをお伝えさせていただくものです。

 

あなたのものがたりをシェアする温かい場としてお気軽にご参加いただけます。

どうぞあなたにぴったりのヒントをお持ち帰りくださいね♡

お茶会・ランチ会共に

初対面の方同士みなさん和気あいあい楽しく過ごされています。

人見知りさんはどうぞ人見知りのままで♡いらしてくださいね♡

 

お待ちしています( ´ー` )

 

あの世とこの世を繫ぐ者SE-YA月埜聖也

 

 

 

Source: ヒーリング

関連記事

  1. OPから5日

  2. 年末年始のお知らせ☆

  3. 罪は愛に還るために/浄霊・封印解除

  4. 限定10こ/チャイルドマインドそーぷ

  5. ダミー

  6. 圧倒的に三次元が動かざるえないイベント