【月がデカすぎw】1月31日・世界各地で観測が可能「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」

bandicam 2018-01-29 09-38-29-200

1: みつを ★ 2018/01/28(日) 02:07:22.87 ID:CAP

https://www.cnn.co.jp/m/fringe/35113803.html

no title

2018.01.27 Sat posted at 12:03 JST
(CNN) 世界各地で31日、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が観測される見通しだ。満月が通常よりも大きく見える「スーパームーン」と、満月がひと月で2度起こることを指す「ブルームーン」、月食時に月が赤銅色を帯びる「ブラッドムーン」の3つが重なる非常に珍しい現象となる。

米航空宇宙局(NASA)によると、北米やアラスカ、ハワイでは31日の日の出前にこの現象を観測できる見通し。

中東やアジア、ロシア東部、オーストラリア、ニュージーランドでは31日の月の出のあたりの時間帯に見ることができそうだ。

スーパームーンは月の軌道が地球に最も近接したときに満月が起きる現象で、普段よりも月が大きく見える。

NASAは今回のスーパームーンについて、通常よりも14%明るくなると予想している。

ブルームーンという言葉は、1カ月に2度目の満月になる珍しい事例のことを指している。

1日には今年最初のスーパームーンが観測され、NASAは今年を通じて「最も大きく明るい」満月になるとの見通しを示していた。

ブラッドムーンに科学的な定義はないが、月食の際に起きるとされる。

月の縁から赤い太陽光がかすかに差し、月は赤銅色を帯びる。  


続きを読む

Source: 座ミステリー体験

関連記事

  1. この地球でまだ人類未開の地ってある?

  2. 【偽りの愛】隠された母の過去と父親の日記

  3. 【ラーメン屋】オーナー「味の素を入れるの禁止する」バイトワイ「はい!」その後→

  4. ワイパッパ(33)、息子(9)の枕元にこれを置く

  5. 【謎だよな?w】どうやって食ってるのか分からない職業あげてけ!

  6. 金正恩さん、標高2750mの山に革靴とスーツで楽々登頂